ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
一般媒介
〇専任媒介と一般媒介では物元の動きが違ってきます。専任なら媒介契約期間内の他決は無いし、最悪は分かれで契約すれば広告費用くらいは回収できますが、一般だと他決のリスクを考えなければなりません。広告経費をかけるより、さっさとレインズに・・

登録して、客付業者と分れで契約したほうが堅いです。しかし、一般媒介で受託した会社が2社だけの場合・・微妙です。一般媒介なので、もう1社のほうで成約する可能性もありますが、自社で成約できる可能性も高く、積極的な営業活動をすべきケースです。

建売業者が建売用地として買取りを検討するような物件の場合、当然ながら両手狙いで紹介をする流れですが、一般媒介で他社も動いている場合、売主に値引き交渉をすると他社に邪魔をされる可能性が高いです。『そこまで下げる必要は無いですよ!』と・・

助言して商談を壊さないと、負けが確定してしまうからです。そのような場合の値引き交渉では、金額を売主に伝えた時に即決してもらうしかありません。電話で伝えて、後日に返事をもらうなんてのは、他社に『壊してください。』とお願いしているようなものです。

〇一般媒介で複数の媒介業者がレインズに登録するケースで、物元が大手業者と地場業者であれば、大手を選んで物件確認をする業者が多いと思います。しかし、近くの地場業者と遠くの大手であれば、鍵の手配や地元同士の付き合いなどを考慮して・・

地場業者を選ぶケースも増えます。物元が地場業者・数社の場合、地元で評判が良いほうを選んだり、登録図面がキレイなほうを選んだりします。物元が大手・数社の場合、日頃から物件確認で『商談中』と言っている会社は排除されますね。(笑)そういえば・・

以前、複数の大手が同じ物件をレインズに登録していて、とりあえず1社目に物件確認をすると、『商談中です。』と断られたので、もう1社のほうに物件確認をすると、『あります!』という対応でした。・・で、案内して成約したのですが、物件確認で断った・・

ほうの会社って・・バカですよね。(笑)一般媒介なんだから、物件を隠しても他社で情報公開していれば、客付業者は全部ソチラに流れます。結果的に他決になってしまったら笑われますよ。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.