ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談31
○不動産営業の仕事を長く続けてきましたが、個人的には、【家】は無駄の極みだと思っています。家とは、いわゆる【一戸建て】の住宅です。せいぜい数人の家族が1つの建物を建てて住み、長期間、ローンを払い、ローンが終わる頃には建物の資産価値は0・・

そんな【家】のために収入の大半が消える人生・・それが普通っていえば普通ですが、私は変だと思います。ま、買わなければ、賃貸住宅を借り続けなければならない・・どのみち金かかかる・・という住宅事情を考えると、無理の無い価格帯の中古マンションでも・・

購入して、住めるだけ住み続けるほうが良いと思います。不動産営業マンとしても古物商としても、競売物件や任意売却の物件を拝見する機会が多いですが、築浅の物件が意外と多いです。恐らくは・・新築住宅を購入して・・ローンが払えない・・って経緯です。

建物内の残置物はだいたい共通しています。結婚式の写真・・子供の五月人形・・家族で遊園地へ行った時の記念品・・子供の勉強机・・等、幸せの残骸があります。家を購入した当時から数年間は幸せだったようですが、やがて収入が減り・・生活が苦しくなり・・

夫婦喧嘩も増え・・離婚して妻と子は実家へ帰り・・1人になった世帯主も、競売もしくは任意売却により他へ引っ越して・・住人が誰もいなくなった空家・・ってケースが多いです。『家を買わなければ良かったのに!』と言いたいわけではないんですよ。家を買うなら・・

そもそも新築の一戸建てなんか資源と金の無駄だし、その無駄金を払えるほどの資金も信用も無いのなら・・将来的にも支払い額に不安の無い範囲で、木造より長持ちする中古マンションでも買ったほうが良い・・と言いたいわけです。・・とは言っても、顧客から・・

『新築の一戸建てを探しているんですが・・』と言われたら紹介しますけどね。(笑)私個人の家に関する考え方を他人に強要はしませんよ。ただし、支払いに無理がありそうなら助言します。家の中の荷物が・・幸せの残骸になりますよ・・ってね。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.