ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談33
○パートへの厚生年金・健保適用について、適用基準を『年収65万円以上』や『週20時間以上』とするなら、企業側もうかつにパートを雇用できなくなりますね。うっかり雇うと負担増しです。働く側も、うっかり働き過ぎると負担増しです。どちら側も慎重になります。

以前の話ですが、ある会社では、2人のパートさんを1日交代で雇用していました。水曜定休で、1人は【月・木・土】で、もう1人は【火・金・日】・・ってかんじです。パートさんは、1日の勤務が終わると、もう1人のパートさんに引継ぎ事項を伝えるため、専用ノートを・・

使って、交換日記みたいな事をやっていました。でも、1日6時間位は働いていたので、週3日で18時間だから、労働時間は週20時間未満になりますが、時給1,000円だと、1日6000円で週18,000円・・月4週の計算だと1ヶ月72,000円・・年864,000円・・アウトですね。

ま、『年収80万円以上、従業員300人超』・・って案もあるし、どうなるかは不明ですが、いずれにしてもパートタイマーの雇用は激減するし、1人当たりの労働時間も短く調整する流れにはなるでしょう。チラシ投函のパートも時給ではなく、【請負】が増えますよ。

社員の雇用も企業側の負担が大きいので、固定給を、請負報酬に変える会社が増えるかもしれません。たとえば月20万円の固定給を支払うより、請負契約にして何らかの名目で月20万円を支払えば、厚生年金や健康保険に関する企業側の負担が減ります。

社員は、固定給みたいな固定額の請負報酬を得るコミッション契約の請負人となり、段階的に歩合率を引き上げて、最終的にはフルコミッションになる・・なんてのが主流になる時代か来るかもね。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.