ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談34
○ブログ読者からの相談で、『上司から無理難題を言われて困っている』 『法的に問題がある指示をされた』・・等の内容は少なくはありません。・・で、どうすべきか?という相談なわけですが、まずは、自分の立場・義務・責任について整理して考える事ですよ。

たとえば・・会社から法的に問題のある指示された場合
○会社の見解・・会社の指示に社員は従う義務がある
○役所の見解・・法令遵守・道徳的にも正しい行動を要望
○顧客の見解・・法令遵守・道徳的にも正しい行動を要望

自分の立場
○会社員として・・上司の指示に従う義務・社員としての責任
○宅建業者の従業者として・・法令遵守すべき立場・責任・罰則
○国民として・・法治国家の国民として法令遵守すべき立場
○世帯主として・・働いて家族を養う立場・義務・責任

自分のリスク
○会社員として・・指示に従わない場合→解雇・無職・無収入
○宅建業の従業者として・・業法違反をした場合→罰則アリ
○国民として・・法律違反なら→逮捕・裁判・懲役・罰金・・・
○世帯主として・・解雇なら無収入、法律違反なら懲役→離婚

・・まぁ、こんなかんじですかね。ま、会社から給料をもらっているわけですから、会社の指示に従うのは当然ですが、法律違反の指示には従うべきではない・・ってのが常識です。ただ・・微妙で判断に迷うケースも多いです。オープンハウスの誘導看板を道路・・

に設置するのは違反ですよ。・・電ビラ(電柱に貼るチラシ)も違反・・チラシ投函だって、マンション敷地に不法侵入・・他にもいろいろあります。【法律に抵触する行為は全て拒否する】という態度で不動産仲介営業マンが勤まるか・・と考えると、無理もあります。

キレイゴトを語る経営者は多いですが、現実的には細かな法令違反を黙認している会社が大半です。営業マンも生活があるし、家族を養う者もいます。職を失うわけにはいかないから、法令違反も軽微なレベルなら上の指示に従うしかない・・ってのが現実です。

また、法令には違反しないけど、ものすごい熱意(強引)で売れ!・・とか、住宅ローンの審査さえ通れば、後はローンが払えず顧客が破産しようが、競売にかかろうが関係ない・・とか、そんな考えを受け入れなければならない不動産会社もあると思います。

どうすべきか?・・を聞かれても困るときがありますよ。社員として正しい事でも、社会人として正しい事とは限らないので、どの立場を優先するか?って事になりますが、バカ会社のバカな指示を恨む前に、その会社を選んだ自分の責任も考えないとね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.