ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談35
○業績の良い営業マンは、【歩合収入】も良いですが、【社内】にいる時も居心地も良いものです。逆に、業績の悪い営業マンは、【歩合収入】は無いし、【社内】にいる時の居心地も悪いですね。会社に行くのが苦痛・・って人の気持ちは経験者ならわかるはずです。

業績が悪いと、上司との会話も辛く、なるべく目を合わせたくない・・会議やミーティングでも生贄のごとく責められるので、胃が痛い・・下痢をする・・円形脱毛症になる・・なんてね。(笑)大手なら本社からの呼び出し・・業績不振者研修・・反省のレポート提出・・

遠隔地への転勤・・その他いろいろな退職誘導プラン・・じゃなくて、再教育システムが用意されています。(笑)ま、その前に自主退職する者が大半ですけどね。営業マンは売れている時は、『今後も売れ続ける!』・・と、根拠のない自信に満ち溢れますが・・

売れなくなると、『この先も売れない気がする』・・と不安になるものです。ま、その繰り返しなんですが、日頃から数字の良い営業マンほど、数字が悪い時に潰れやすいです。日頃から数字の悪い営業マンは日頃から責められているので忍耐力がありますが・・

日頃から数字の良い営業マンは、業績不振で責められる事に耐えられず、屈辱的な日々を送るくらいなら転職を選びます。でも、そのような転職って良い転職ではないですよ。売れる時は売り続け、売れなくなったら転職・・の繰り返しができるのも30代迄です。

やがて、年齢的に転職が困難になるし、転職歴も多すぎると、中間省略しないと履歴書に書ききれなくなりますよ。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.