ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談61
〇地場業者の立場では、大手は看板で勝負していると思いがちですが、地場も大手も各10年は経験している私の見解では、大手の営業マンのほうが動きが速いです。看板があるから情報も入りやすいわけですが、その情報を入手してからの動きが速いです。

中古マンションの査定依頼があれば、すぐに売り出し中の物件や相場を調べるし、同じマンション内に自社が仲介した直近の資料があれば、使いまわしできる調査資料や間取図・写真・チラシ広告の原稿もあるので、媒介契約前に広告の準備ができています。

査定~媒介と進めば、媒介当日には自社のウェブサイトに広告掲載・マンション内にチラシ投函~週末には新聞折込チラシを配布~反響があれば即案内~買い付け~ローン打診~契約・・と、アッという間に終わります。ストックしている登録客がいる場合は・・

媒介契約前に案内して契約・・ってパターンもあります。媒介契約を締結してから、『さて、チラシでも作るかな・・』なんてノンビリしてはいないのです。知名度もあり、駅前にあり、動きも速い・・そんな大手に客は集まります。動きが遅い業者は潰れますよ。ご用心。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.