ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談71
〇外では台風並みの強風が吹き荒れていますので、強風の話でも。不動産会社にとって強風・台風・大雨は心配事を増やします。賃貸管理会社では管理物件の被害です。強風や台風の最中や後には苦情の嵐が吹き荒れます。台風が過ぎ去った翌朝には・・

管理物件の賃借人達から電話が着ます。屋根が壊れた・・水が出ない・・雨漏りがする・・その他いろいろです。賃借人の責任範囲では無い故障なので、修理の費用は貸主の負担となるため、賃借人は強気です。『すぐに直せ!』 『今日中に直せ!』・・なんて言う・・

賃借人もいます。ま、数日で解決しますけどね。売買仲介の場合は、もっと深刻です。売買契約後で引き渡し前の時期に台風や大雨の被害に遭った場合、物件の現況が契約時と違うわけですから、契約条項に従い売主負担で修理をするか、修理が不可能・・

なら解約する事になります。ま、大半は修理する方向で話し合いになりますが、修理をするとなると、どのような修理になるか?・・どこまで直すのか?・・その内容によっては紛争になる事も珍しくはありません。修理費用が高額な場合、売主が納得しない・・

ケースもあります。仲介業者は解決を目指しますが、一度紛争になると、それをキッカケに売主や買主のいろいろな不満が爆発する事もあります。『そもそも・・あの時・・言いましたよね?』なんてね。(台風さえ来なければ・・)と嘆くしかありません。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.