ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談89
〇多面的に考えてから行動をすると後悔が少ない・・と思うことがあります。ま、たとえばの話ですが、顧客に会社の社有物件を案内した。・・顧客は気に入っている様子・・でも、自分の考えでは、良い物件とは思えないし、顧客の予算では少し無理がある・・

ま、このようなケースで、【心の優しい親切な人】という立場をとりたいなら、その社有物件は良い物件ではないと伝え、予算も無理のない価格帯まで下げたほうが良いと進言すべきです。しかし、【会社の社員としての立場】を優先するなら社有を勧めるべきです。

社有物件があるなら社有を優先して売るのが営業マンの使命であり職務です。会社の社有物件は売れ残ると不良在庫になり危険です。社有が売れそうなのに、契約を勧めず予算を下げる助言なんかする営業マンは裏切り者であり、そんな営業マンは不用です。

営業マンの家族はどう考えるでしょう?道徳心や正義感を優先して会社をクビになる夫もしくは父を誇りに思うでしょうか?【生活費を稼ぐ世帯主】の立場では、自分や扶養家族の生活を維持するために稼ぐ必要があるし、会社をクビになる言動は避けるべきです。

仕事と割り切って、会社の方針や指示に従う器用な生き方をする選択をした場合ですが、それにしても何処かで線引きをする必要があります。法律に抵触するような指示をされたら?・・宅建業法違反なら?・・社会人として・・会社員として・・世帯主として・・

どうすべきか?・・キレイゴトだけを言って飯が食えるのは、祈りを職業としている団体の人達くらいです。仕事で悩んだ時、とりあえず【自分の本心】 【社員として・・】 【家族を養う者として・・】の3つの考えを熟慮したうえで結論を出すと後悔が少ないと思いますよ。

山の中で一人暮らしをする立場なら、自分の考えだけで行動できますが、社会人として、会社員として人と関わるなら、社会のルールや会社のルールから逃れる事はできません。『嫌なら辞めろ!』と言われる前に自分の立場を自覚する事です。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.