ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談109
○売買物件の情報をレインズに登録すると、登録後2~3日は物件確認の数が多いですね。値段が高くても問い合せがあります。その大半は、物件には興味ないけど、新しい情報だから資料を取り寄せる・・ってかんじだと思います。資料を見て、よさそうなら・・

『広告に掲載してよろしいでしょうか?』と電話をする流れです。そもそも物件確認の目的が、顧客へ紹介する物件探しではなく、広告に掲載できる物件探しだったりします。物元側としては、広告に掲載していただき、スムーズに契約となるなら大歓迎ですが・・

物件確認で集めた広告物件は客寄せが目的のケースも多いです。でも、物件確認って、曜日によって目的が違うんですよ。たとえば、月曜や火曜は週末の折込チラシに使う広告物件を探しているケースが多いですが、木曜には印刷が終わっているので・・

木曜・金曜の物件確認なら、チラシ広告掲載を目的としているケースは少ないです。・・という事は、木曜・金曜の物件確認は土日の案内のための可能性が高い・・って事です。ただ、インターネット広告の場合は、印刷は関係ないので、曜日も関係ないですけどね。

〇知人の社長さんで、レインズ恐怖症の人がいます。レインズに売買物件を物件登録をすると、当然ながら物件確認の電話がかかってきますが、日常的にセールスを目的とした煩わしい電話がかかってくるのに、それにプラスして、案内する客もいないのに・・

物件確認をする業者が多いので、電話対応が苦痛みたいです。会社にかかってくる電話を携帯電話に転送している事も要因の一つだと思います。夕飯を食べていても、風呂に入っていても、電話が鳴り、でると・・『物件確認ですが・・』ってね。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.