ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談110
○タクシーの運転手さんと世間話をした時に職業を聞かれたので答えると、『私も不動産営業マンだった時がありんですよ。』と言われました。その時に思ったんですよ。(元・不動産営業マンって多いな・・)ってね。ま、よく考えてみれば、納得できる事です。

不動産営業マンのまま死ぬ人は少ないですよ。独立して不動産屋の社長になる人もいれば、定年退職して無職になる人もいます。転職して別の仕事をする人も大勢います。逆に考えると、不動産営業マンという立場を長く続ける事のほうが難しいですよね。

私が新人の頃は、40代と50代の営業マンが多く、30代は少なく、20代はもっと少なかったと記憶しております。ま、オッサンの仕事だったわけですが、現在では20代、30代の元気がある世代がメインで、40代より上は在籍していても、社内的には厳しい状況では?

主任だと課長だのと役職があっても、数字が下がれば降格で、気がつけば後輩が上司になり・・上司より年上で使いづらい部下となれば、それは間違いなく厳しい状況ですよ。(笑)ま、私みたいにフルコミの営業になれば、人間関係のストレスは無くなりますが・・

収入は不安定になるため、それはそれでストレスの原因になります。先々の事を考えれば不安になるため、あまり先の事は考えず、1日1日を精一杯に生きるスタンスになると少しは楽になりますが、それがいいんだか、悪いんだか・・微妙ですけどね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.