ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談114
○不動産営業マンに限った話ではありませんが、営業マンの立場は永遠ではありません。会社に属している期間が終わると同時に、その会社の営業マンではなくなります。ただ、営業職として転職に成功すれば、転職先の会社で営業マンの立場になります。

ま、そうやって転職を繰り返して、不動産営業マンを続ける事ができるのは、せいぜい40代までです。不動産屋として独立・開業するわけでもなく、大きな会社で管理職になるわけでもなく、不動産営業マンを続けるのは、年齢的な限界があるって事ですよ。

若い時は、そんな事は考えず流れに任せる生き方ができますが、30代後半位からは、先々の事を考えたほうが良いと思いますよ。仕事を失えば収入を失い、収入を失えば全てを失います。不動産営業マンを辞めても仕事は続けなければならないわけですが・・

他業種で【新人の見習い】からやり直す覚悟があったとしても・・採用する側は、40代の見習いより、20代の見習いを採用します。体力では若者に劣る中高年に、知識・経験という武器が無いのなら、採用する理由がありません。中高年になって職業を変えるのは・・

カンタンでは無いのです。・・で、何らかの対応策を講じないと、破産・離婚・生活保護・病気・孤独死・・という流れになります。とりあえず、【特技・趣味・人脈・副業】を大事にすることですね。そして、それらを収入源にして生活できるレベルに達すれば安心です。

体力の限界まで働ける時は、余計なことは考えず不動産営業だけやっていたほうが稼げますが、(全盛期を過ぎたな・・)と感じたら、先々のことも考えないとね。私が若い時は先々の準備など何もせず、女の事ばかり考えていたので・・現在、苦労してますよ。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.