ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談117
○媒介物件も無いに等しいし、見込み客もいない・・そんな状況に慣れてきましたよ。(笑) ま、広告活動無しで、「待ちの営業」スタイルなので自業自得ですね。「攻めの営業」は攻めるための経費がかかります。営業マンを固定給で雇えば賃金がかかります。

不動産会社における人件費と広告経費について分類すると・・
①社員を雇い、広告経費も使う会社
②社員を雇い、広告経費は使わない会社
③フルコミを雇い、広告経費は使う会社
④フルコミを雇い、広告経費は使わない会社
⑤誰も雇わない、広告経費は使う会社
⑥誰も雇わない、広告経費も使わない会社

営業マンに固定給を払う会社は①②で、フルコミを使う会社は③④です。歩合率が高いのは②④、歩合率が低いのは①③、営業活動に積極的な会社は①③⑤、営業活動に消極的なのは②④⑥かな。ま、会社の方針は経営者が決める事ですけどね。

ただ、会社の運転資金は会社により違います。人を雇い、広告宣伝をして利益は出したいが、資金は限られている・・限られた資金を【固定給】か【広告経費】のどちらか一つに使いたい・・という選択なら、②か③の選択になりますが、それなら③ですよ。

人件費や広告経費は使いたくないけど、チャンスは広げたい!・・なら④で、不動産ブローカータイプのフルコミ営業を使う事ですね。一般消費者向けの営業は広告経費がかかりますが、そうでなければ広告経費もかかりません。フルコミなら固定給も無いです。

⑥のように誰も雇わず、金も使わず、自分だけが動き回り、稼ぐ・・というスタンスなら、会社など作らず、フルコミで活動したほうが良いと私は思います。せっかく会社があるのなら、人を使い、チャンスを広げて、大きく稼がないと、もったいないですよ。ま、ご用心。

さて・・『物件内に所有権放棄の残置物が大量にあるので、不動歩さんの欲しい物があれば無料で持ち帰っていいよ!』とお考えでしたらご連絡下さい。欲しい物だけ恐縮ですが無料で引き取ります。

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.