ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談128
○いつも、『ご用心』と書いて警告を促している当ブログですが、30代後半~40代の不動産営業マンの将来を考えると、警告もしたくなりますよ。これからどうするつもりなのか?・・を真剣に考えるべきです。営業マンとして稼ぎ続ける事ができるなら良いですが・・

40代後半の営業マン・・少ないですよ。少ないという事は、何処かに消えてしまったわけで、独立開業をした人以外は、同業他社や他の業界へ転職したって事です。大手系列会社の場合、幹部連中は終身雇用を狙っているので、自分の席を明け渡しません。

具体的には、部長以上が定年コースを狙える立場で、店長以下が使い捨てです。店長は部長になれたら安定しますが、店長職(所長職)で部長になれる確率は、店長の数と部長の数を比較するだけでわかるはずです。部長の立場では、有能な店長がドンドン・・

業績を上げて、自分の立場が脅かされる状況・・は好ましくありません。業績の良い店の店長を、業績の悪い店へ転勤させたり、業績の悪い店の店長を降格させて、子飼いの営業マンを昇格させたり・・と、自分の保身だけ考えて人事を動かしている事でしょう。

・・で、店長以下の使い捨て要員も、それぞれ生活があるわけで、使い捨てられた後にどうするつもりなのか?・・まさか、何も考えていないのであれば、相当ヤバイですよ。40代で履歴書をもってウロウロしても、かなり厳しいと思います。地場でフルコミ営業に・・

なるのも一つの方法ですが、フルコミで稼ぐ自信のある者は1割以下です。現実的に稼ぐ事ができるのは、そのまた1割かも。(笑)ま、私みたいに副業をもつのも有効ですが、副業ばかりしていると本業がおろそかになり、どっちが副業かわからなくなります。(笑)

ま、それでも稼ぐことができるなら、それはそれで良いと思います。就職をして【安定収入】を得るのが難しいなら、副業や自営業等の【不安定な収入】でもチャレンジするしかありません。それが無理なら【無収入】になりますよ。40代の営業マンの大半は・・

もうすぐそのような状況追い込まれる事が確定しているわけですから、現実逃避せず、今後どうすべきか?準備しておかないと・・失業・・破産・・離婚・・病気・・孤独死・・のコースですよ。罪を犯して懲役で3食付の生活・・てコースもありますけどね。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.