ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
5回書け!
大手系の仲介会社は、契約書や重要事項説明書の作成に真剣です。不動産は一つ一つが違います。それぞれの特性・特徴・問題があり、多岐にわたりトラブルの要因があります。

トラブルの際、顧客に「聞いてなかった」や「説明されてない」等の逃げ道を与えないようにする事は重要です。「全て説明した」と断言できるように、あらゆるリスクを説明し、納得のうえ契約した・・と言う事実を作り上げるのです。

なぜ?そこまで逃げるのか?そんなに臆病なのか?・・と普通の人は思うでしょうね。それは、何か問題があると、常に不動産仲介業者の責任にしてきた顧客や裁判官のせいなのです。

「プロだから調べる事ができたのに怠った。」とか「プロとして当然説明すべき事を怠った。」という大儀名文で、多くの損害賠償責任を負わされてきた歴史があるのです。

大手系、信託系が問題のある物件を仲介する際は、その問題点について、重要事項説明書、契約書、物件状況報告書、付帯設備表、覚書、念書、その他に合計5~6カ所に説明文を記載します。

1~2カ所程度の説明では、訴訟になった際に万全ではないためです。その位、仲介業者は不利な立場なのです。

「5回も説明した証拠があります。」という状況で、初めて安心できるのです。やっと裁判官も認めます。『説明した』と・・。それが不動産売買の仲介です。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.