ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談137
○生活保護の話ですが、厚生労働省は、生活保護費の受給者の扶養能力のある親族から保護費の返還を求める仕組みづくりを検討中で、来年の通常国会に関連法案を提出する方針らしいです。それが厳格に実施されたら、自殺と殺人が確実に増えますよ。

生活保護費は、貸付金みたいな位置づけになり、役所は生活保護の申請者の親族に対して、『アナタの親族の方から生活保護の申請がなされています。あなたが援助しないなら生活保護を支給しますが、最終的にはアナタに返金してもらう事になります。』と・・

言う事になります。で、親族としては【援助をする】もしくは、【身内に支給された生活保護費を後々請求される】の道しかありません。疎遠な関係の親子で、生活に困窮した親が、『子供なんだから俺の面倒をみろ!金をくれ!嫌ならべつにいいよ!その代わり・・

助けてくれないなら、俺は生活保護の申請をするぞ!その金は将来、オマエが払う事になるぞ!』・・と子供に言うケースも増えるし、そうなれば、『ふざかるな!そうはさせるか!ぶっ殺す!』・・となるケースも増えますよ。また、生活保護費が子供に請求される・・

くらいなら自殺する・・という人も確実に激増します。そりゃそうでしょ?生活保護費をもらえばもらうほど、子供の借金(請求・返金)が増えるわけです。【自分が迷惑な存在】 【早く死んで欲しいと願われる存在】という立場で生き続けるより、自殺をしたほうが・・

身内に迷惑をかけずに済む・・と考える人が増えます。もちろん、『身内の迷惑なんか関係ねぇよ。俺の面倒をみないほうが悪いんだよ!』と考える人もいるとは思います。常識的な考えの人が自殺して、自分さえ良ければOK・・と考える人は生き残るわけです。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.