ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
なんとなく思うこと
○現在のように不況で厳しい時も、当然ながら人間は年をとります。不況/中年・・という状況/立場になって、初めて理解できる事もあります。このような状況や立場では無い時・・好景気+自分が若い・・という最高の状況の時は、見えないパワーがあるんです。

景気が良いから儲かる仕事・・若いからできる仕事・・そんなパワーを正しく理解できず、自身の実力と過信したとしても、景気が悪くなり、中年になった時に間違いに気がつきます。時間は死の方向へ進行するので、それに伴い、気力・体力も減退していきます。

中高年になると先が見えてくる・・とは、悪い意味で使われる言葉ですが、たしかに残り時間が少ないので先が見えてきます。現在の職場や職種で働く事ができる残り時間・・求職して仕事にありつける年齢・・仕事がしたくても高齢者に仕事があるとは限りません。

そんな先が見えてきます。その時、あり余る資産や、高額の退職金、使いきれない年金・・がある者や、親の資産や家族の収入に頼り、ダラダラと暮らせる者ば安心ですが、安心材料が無い者は、人生を振り返り、悔やみながら必死に生きていくしかありません。

ただね・・べつの見方もできなくはないんですよ。遊んで暮らせる余生もラクでいいですが、テレビでも見ながらゴロゴロして100歳まで生きたとして、それが幸せかどうかはわかりません。必死になって働きながら過ごす毎日のほうが充実感があるかもしれません。

どちらにしても、いつか死ぬことは確実です。時間なんて過ぎてしまえば一瞬です。寿命がきて死ぬ時に人生を振り返り・・ダラダラと時間潰しの日々だった余生を思い出すのか・・必死に働いて過ごした最近までの日々を思い出すのか・・だけど、事故で死ぬ場合は、人生を振り返る時間もないか。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.