ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
尊敬と軽蔑の対象
○重い病気で手術したり通院したりしながら、一生懸命に動き回っている不動産ブローカーがいます。たぶん70歳前後かな。今までどんな人生だったのかは知りませんが、仕事熱心な事と自力で生きている事は尊敬できます。そんなわけで、尊敬と軽蔑の話です。

人それぞれ尊敬や軽蔑の基準みたいなものがあると思うんですよ。なんらかの基準があり、その基準を超えると尊敬したり、一定の基準を下回ると軽蔑したりね。私は常に底辺から見上げているので、大半の人は尊敬の対象ですが、他の追随を許さない・・

レベルの馬鹿は軽蔑しますよ。大半は人を馬鹿にする馬鹿かな。(笑)たとえば・・ホームレスを馬鹿にするニート・・家を失い公園で生活する者でさえ、ダンボールや空き缶を集めて売り払い、自力で飯を食っています。健康なのに働きもせず、家族の経済力に・・

寄生している者は、ホームレスより劣っています。金持ちが貧乏人を馬鹿にするケースでも、金持ちの金が親の遺産だったり、相続で得た財産なら、貧乏を馬鹿にできる立場では無いし、その言動は軽蔑の対象です。

大卒が高卒を馬鹿にするのもどうかと思いますよ。中学と高校で通算5年間もシンナーを吸い続けた者でも宅建試験に合格しているのに、一流と呼ばれる大学を卒業して宅建試験に落ちる者もいます。どちらが馬鹿でどちらが利口か?よくわかりませんよ。(笑)

ま、軽蔑の対象はいろいろですが、迷い無く軽蔑するのは・・嘘つきですね。自分が劣っている事は語らず、自分の数少ない優れた面を自慢して、そうでない者を馬鹿にする者・・かな。軽蔑と同時に同情もします。(そこまでして・・自慢がしたいのか・・)ってね。(笑)

○尊敬の対象はいろいろありますが、いずれにしても、自力で生きる者が対象です。自分で生活費を稼ぎ、家族を養う事は普通ですが、不況の時期に普通の生活を維持するのは簡単ではありません。会社でも我慢・・家でも我慢・・のお父さん達は偉いですよ。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.