ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
記憶がない話
○大手系列の不動産仲介会社に在籍していた頃の話ですが、月の契約本数が5件とか7件とか、そんな忙しい時期もあったんですよ。・・で、その時の物件や顧客について何も覚えていません。誰に、どんな物件を仲介したのか思い出せないのです。もちろん、書類とか台帳とか、何か材料さえあれば思い出せるとは思います。

でも、そんな材料は退職してしまえば見る機会などありません。だから思い出すことなく生涯を終えると思います。不動産取引って、お客さんにしてみれば生涯に1度の重大な出来事なので、当然ながら不動産会社や担当者の事を覚えていると思いますが、不動産仲介営業マンにとって不動産の契約は、日常的な業務であり・・

普通の物件を普通の人と普通に契約をすると・・記憶に残りません。とくに契約本数の多い月は、1つの契約に費やす時間も少なく、記憶に残らないものです。逆に、暇な時期の契約はけっこう覚えていますよ。暇だから1つの契約に時間をかけているし、暇な時期のほうが丁寧でミスの無い仕事をしたと思います。

ま、記憶に残っても金が残らないより、記憶に残らなくても金だけ残せたらそれでいい・・って思う時もありますが、記憶ってけっこう大切ですよ。今まで付き合った交際相手との記憶が全て無くなれば・・損した気分になるのでは?(笑)記憶は財産です。忙しすぎて何も覚えていない時期があると、なんか損した気分です。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.