ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談170
○火曜と水曜が連休の業者も多く、シャッターの閉まっている不動産屋を見ると寂しさを感じます。・・で、ふと思ったのですが、火水が休みの業者と、土日が休みの業者が半々で、連休は2週間に1回、第1週・第3週が連休の業者と、第2週・第4週が連休の業者がそれぞれ半々と【仮定し】ます。第5週は考慮しません。

そのような仮定では・・
日曜と水曜は業者の50%が休みということになります。
火曜と土曜は25%の業者が休みということになります。

それを整理してみると・・
月曜日・・100%全ての業者が営業中
火曜日・・75%の業者が営業中
水曜日・・50%の業者が営業中
木曜日・・100%全ての業者が営業中
金曜日・・100%全ての業者が営業中
土曜日・・75%の業者が営業中
日曜日・・50%の業者が営業中

・・とすれば、全ての業者が活動しているのは、【月・木・金】だけって事になります。業者間の取引が主な不動産業者や、不動産業者回りをしている人達は、仕事の効率を考えると、【月木金】は無駄にできない曜日って事ですね。

地方では水曜定休・たまに火水連休・・って業者が多いとは思いますが、都内は日曜定休で隔週が土日連休・・って業者も多いですよ。買取業者でも、物件の販売は自社では行なわず仲介会社に任せている会社は、土日が休みだったりします。

ま、今は昔と違い、携帯電話もメールもあります。休みでも連絡はとれるので、営業マンの裁量で好きな曜日に休んでもいいとは思いますけどね。いつ休んでも、いつ働いても、結果がでなければ、どのみち居場所を失います。それが不動産営業です。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.