ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談172
○それにしても不景気ですね。最近は地場業者と会う度に、『仕事が無い』 『不動産屋の需要が無いように感じる』・・なんて話です。もちろん地域性もありますが、忙しい業者より暇な業者のほうが多いと思います。ま、仕事は、どんなに不景気でも一生懸命に頑張る・・というスタンスは必要ですが・・動けば金がかかります。

もっと言えば、【時間と労力と経費】がかかります。むやみに時間・労力・経費をかけて動き、結果がでないと・・資金が無くなるスピードが増し、より悪い状況となり・・何もしないで寝ていたほうが得だった・・なんて事になります。力を温存して動かず待つべきか・・それとも、後先を考えず動き回り、運に頼るか・・難しいですね。

ま、これは自営業者やフルコミ営業マンの話です。社員の立場の営業マンに、動かずに待つ姿勢は認められません。給料を毎月もらっているわけですから、何もせず待つならクビです。時間も労力も経費も使い、必ず結果を出すのが職務です。それはそれでキツイとは思います。売れない理由が自身の努力不足なら希望が・・

ありますが、不景気や地域性が原因なら反省しても無意味です。業種を変えるか、地域を替えるか、勤め先を変えるか・・しかありません。しかしながら、年齢的に身動きができない者は・・最悪ですね。もう、会社にへばりつくしかありません。『お願いです!何でもしますから、クビにしないでください!』・・ってね。(笑)

ま、それくらい平気で言える者でなければ、会社では生きていけませんよ。少しでもプライド・・誇りがあれば、ダメ営業の烙印を押されたら、『だったら、辞めてやるよ!』・・となり、気がつけば、ハローワークに通い、失業保険をもらえるだけもらい・・再就職もできず・・最悪は、【破産・競売・離婚・生活保護・孤独死】コースです。

そのようなコースからどうやって逃げるか?・・現状の継続で大丈夫か?・・社員の人も考えるべきですよ。現在の職場に5年後もいると確信できる人は少ないのでは?人間、追い詰められると冷静に考える余裕もなくなるので、考える時間がある時に考えて、準備できる事があれば準備すべきですね。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.