ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談175
○帰宅の途中で知人の業者へ立ち寄り、世間話をしたのですが、その時に、共通の知人が亡くなったという話を聞きました。若い頃はそんな話を耳にする事もなかったのですが、中年になると増えますね。業界の先輩達がどんどん他界します。業界を去っただけなら会う事は可能ですが、この世を去った人とは会えませんね。

時間の経過は死へのカウントダウンでもあります。先輩達が他界した後は・・同年代の仲間達や自分の順番がきます。60代前半の仲間が他界した時、『早すぎるね。』という声が多かったです。それは80代まで生きる事が普通・・という感覚だから、そう思うのでしょう。ま、40代の私には、60代が早すぎるとは思えませんが・・

何歳で他界するとしても、『もう少し生きたかった・・』という欲はあると思います。自分が60代になったら、あと数年で死ぬ状況に抵抗はあるはずです。『えっ?早すぎるよ!』ってね。(笑)ま、年齢だけで早いとか遅いとか判断する事もできますが、自分に与えられた時間内にすべき事ができたか?・・のほうも重要だと思います。

『やりたい事はやった。』 『精一杯の努力はした。』・・と言いきれるなら後悔は少ないはずです。その『やりたい事・・』や、『精一杯の・・』は、死ぬ間際の老体で行なうべき事ではなく、たとえば今・現在に行なうべき事なのだと思います。なんとなく会社へ行き、月日が過ぎていく・・それは時間に流されているって事です。

少し危険な考え方かもしれませんが、冒険はしてみるべきだと思います。それで失敗しても、離婚しても、財産を失っても、孤独死でも・・死に際に、『面白かった・・』と思えるなら、それはそれで価値があるかもしれません。ま、何かを得れば何かを失うわけで、安定を捨てれば面白さは得られます。どうすべきかなんて・・

答えはありません。ただ、残された人生は無限では無い事だけは確かです。残り時間のタイムリミットは人それぞれ違います。このブログをお読みいただいている読者の中にも、今月中に事故で亡くなる方や、来年に癌で亡くなる人・・もいるかもしれません。残り時間が長いと思っていても・・短いかもしれませんよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.