ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
あなたの未来
○2022年10月・・その男は布団の中でガタガタ震えながら10年前のことを思い出していた・・どうしてこんな事になったんだろうか?・・何処で間違ったのだろうか?・・映画だ・・あれが間違いだった・・何故?あの時、映画なんか・・。男は今日も泣き疲れるまで泣いた。

○2012年11月・・その男が勤務先の不動産仲介会社へ帰社すると、社内には女性事務員が一人で・・『お疲れ様です。』と言い、コーヒーを入れてくれた。・・ま、いつもどおりの流れだったが、社内には2人しかいなかった事もあり、世間話などしているうちに・・

映画が好きだというので、冗談のつもりで誘ったところ・・OKだった。男は妻子ある身で罪悪感もあったが、たかが映画だ。もしかしたら、もしかするかもしれない・・あの脚を・・あの胸を・・などと妄想する事はあっても、リスクやデメリットなど考えもしなかった。

水曜の度に会い、3回目で深い関係になった。男は夢中になった。水曜だけでは我慢できず、2日に1度は夜も会うようになった。会社では何事もなかったように振る舞っていたので、2人の交際を知る者はいなかったが、業績は落ち込み、収入は減る一方だった。

やがて半年も経過した頃・・男は現実を取り戻した。収入がダウンしたにもかかわらず、愚痴の一つもこぼさず支えてくれる妻・・節約のために習い事をやめた子供・・そんな状況なのに、女とのデート代に無駄金を使っていた自分の愚かさにやっと気がついた。

男は浮気をやめる決断をしたが・・そのタイミングで事態は急変した。女に『赤ちゃんができた。』と告げられたのだ。そして、『私は会社を辞めるわ。貴方は奥さんと別れてね。』と言われた。男は、どちらを捨てて、どちらを守るべきか?悩んだが・・家族を守りたい・・

気持ちのほうが強く・・女と別れ話をしたが・・妊娠して捨てられる側の女は納得するわけもなく、怒鳴りあいの喧嘩になり・・無我夢中で覚えていないが、殴り倒してしまい、女は目を開けたまま息をしていない・・頭から血が流れ・・首から上は反対を向いていた・・。

○深夜、山の中で穴を掘っていると、『何をしているのですか?』と後ろから声がした。警察官だった。掘っている穴を覗き込もうとしたので、男は気が動転して、持っていたシャベルで殴ってしまった。何回も何回も・・。そして・・結果的に穴を二つ掘る事になった。

○2022年10月・・布団の中で震えていると・・独房のドアが開く音がした・・布団から顔を出して目を開けると・・制服の男が数人いた。『本日、死刑の執行を行なう。出なさい。』 頭の中が真っ白になって動けなかったが・・屈強な刑務官達に連れて行かれた。 終

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.