ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談213
○年末が近いですが、年末年始の長期休暇前にやっておかなければならないこと・・それは賃料の滞納者への催促です。ま、不動産業者が長期休暇に入ることを相手も熟知しています。あと数日間、逃げ切れば、年明けまで時間稼ぎできます。とくに地場の不動産業者は正月休みが長く、1月7日まで休みの会社も多いです。

正月明けの催促では、12月末に支払う分(1月分)も滞納してるはずなので、滞納額が1ヶ月分増えちゃいます。そうなると、より深みに嵌り、全額回収の可能性は低くなります。もちろん保証会社を使っている場合は別ですが、保証会社が保証しても、滞納者が滞納で退去すれば空室が増えるわけで、それはそれで困りますね。

○安い賃料の部屋を借りている人が滞納する場合、貧困や低所得者に対して哀れむ事もなくはないですが・・賃料の高い物件を借りている人に対しては、滞納しても同情はしません。賃料を払えないなら、贅沢な物件を退去して安い物件に引っ越せば良いわけで、金も払えないのに高い賃料の物件に住み続けるってのは・・どうかと思いますよ。

ラーメン屋でラーメンを食べた者が金を払わなければ無銭飲食で逮捕されますが、物件を借りて金を払わない者に『金を払え!』と怒鳴れば、逆に催促した側が脅迫で逮捕されますよ。滞納の催促では、熱くならず、形式的な催促後、さっさと法的手続きを進めるほうが良いですね。大切なのは『さっさと・・』です。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.