ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談5
○不動産投資家(賃貸物件のオーナーさん)って、お金持ちで贅沢なイメージですが、倹約して地味に生きている人も多いです。中には節約・倹約・・のレベルではなく、貧乏・・貧困・・ホームレス(言いすぎかな?)・・の雰囲気さえ漂う人もいます。

ま、投資家や資産家には高齢者が多いって事かな。もっている資産とは関係なく、老人になれば地味になるものです。着るものなんて何でもいいので、いつも同じ衣服を着て・・脂っこいものは食べられないので、おかずも豆腐とか漬物とかで充分かもしれません。

ただね・・そのような人と出会う度に思うんですよ。(金がもったいないな・・)ってね。月100万円を超える賃料収入があるのに、旅行をするわけでもなく、外食をするわけでもなく、趣味もなく、とにかくお金を使わない人がいます。そんな人でも、「人生の残り時間」は・・

1日に24時間づつ減ります。これだけは、どんなに倹約しても減り続けます。健康的な日々を送れば、残り時間の減り方は少ないと思いますが、65を過ぎたら、ラスト10年~20年と考えるべきです。早ければ数年、もしくは年内ですよ。(笑)70歳とか超えてるなら・・ある日、眠ったら最後、起きる事は永遠にないかもしれません。

ま、人生の価値観は人それぞれで、他人にとやかく言われる筋合いは無いのはわかりますが・・無駄な節約ってのもあるんですよ。相続物件等の室内を拝見した時に、押入の中に贈答品でもらったと思われる品(バスタオルとかシーツとかの未使用品)が必ずあります。贈答品ですから、それなりのブランド品だったりします。

きっと・・(もったいないから、まだ使わないで、今使っている古いものを使い続けよう・・)と思ってて、結果的に使わずに、死んじゃったんだと思います。・・で、その贈答品はの大半は・・ゴミとして処分される事になります。せっかく製品として作られたものが・・誰も使わず、ゴミになる・・これが節約した結果です。

ま、言っても無駄ですけどね。私の経験では・・そのような節約が習慣になった人は、もう死ぬまで変わりません。何を言っても無駄です。信念というか美学というか・・病気です。(笑)何か物を贈っても、押入にストックするだけです。食べ物でさえ、きっと冷蔵庫の中で賞味期限の日を迎えるでしょう。

さて・・物件内に所有権放棄の遺品・残置物などが大量にありましたら、私が欲しいものだけでよければ無料回収します。少しでも処分費用を減らしたいなら、お役にたてます。(関東限定)
※買取りや有料回収はできません。
残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.