ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談10
○不動産営業マンが同業他社へ転職すれば、当然ながら給料も歩合率も社内ルールも変ります。。転職前の会社と比較して、良い変化もあれば悪い変化もあります。稼ぐためには歩合率と営業に関するルールは重要ですが、長続きするには、職場環境や人間関係が重要です。

稼ぐことだけが目的の転職って、けっこうキツイんですよ。ま、私自身の経験談でも書きますよ。けっこう昔の話ですが・・歩合率が高いと評判の不動産会社(地場業者)に転職したのですが・・とにかく雰囲気が暗くて・・営業マン同士も常に腹の探りあい・・無駄な話は禁止・・業務上、必要な会話のみ・・昼食も各自バラバラで・・

本当に一匹狼の集まりでした。ま、仲介の仕事は自己完結できるので仲間を頼る必要は無いのですが・・それにしても社内の雰囲気が暗いのは苦痛でした。たとえ歩合率が高くとも、それなりに稼げたとしても・・精神衛生上、良くないですよ。なんのために生きているのか・・何のために働いているのか・・考えさせられました。

上記とは別の話で・・ある女性事務員さんの話です。その会社は社長夫妻と1~2名の社員がいる程度の規模で、事務員さんといっても、賃貸仲介や賃貸管理も任されていました。・・で、社長が病的に暗く、陰湿で性格が悪く、一緒にいる時間は地獄なわけです。しかし、給料はわりと良くて、賃貸仲介の歩合も合わせると・・

月に30万~40万は稼いでいました。世帯主で子育てもしていたため、同業他社に転職して収入が下がる・・なんて事は許されないので、「社内の雰囲気が悪い」「社長の性格が悪い」等のデメリットは受け入れて、20年以上は働きました。・・で、その事務員さんは、40代と50代の全てを、暗くて陰湿な職場で過ごしたわけですが・・

もしも他社で働いていれば・・明るい雰囲気での仕事とか・・社員同士で楽しいランチタイムとか・・恋愛とか・・不倫(笑)とか・・ま、とにかく、充実した40代、50代の20年間を過ごせたかもしれませんよね。ま、失った時間は取り戻せません。お金のために働いているわけですが・・本当にお金だけで良いのか・・

苦痛を感じる劣悪な職場で人生の大半を過ごし、後に後悔はしないのか・・家族と過ごす時間を削り、早朝から深夜まで働きつづけて・・結果的に家族を失ったら何が残るのか・・若い時はそんなこと考えもしなかったのですが、最近では、出会った人の人生や、自分の人生について考える時間が増えました。

それとね・・私の知る限り、明るい雰囲気の職場で仕事をしている人より、暗い雰囲気の職場で仕事をしている人のほうが・・癌になる人が多いんですよ。ま、癌に限らず、劣悪な職場環境は健康に悪影響を及ぼすと思います。手遅れになる前に、別の職場に移ったほうが良いかも・・と気がついた人もいるのでは?ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.