ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談14
○体罰が問題になっていますね。ま、体罰が暴力であれば悪いのは明白ですが、学校で先生が行なう体罰で、結果的に体罰をされた生徒が助かるケースがあるんですよ。

ま、たとえばA君とB君がいるとして、A君がB君を殴った。そこへ先生が来て、理由をきいたうえで、A君の頭をゲンコツで「ポカッ」と殴った。もしくは平手でビンタした。・・とします。B君が帰宅後、両親に「A君に殴られた」と話した場合、両親はA君に対して怒りたくもなりますよ。しかし・・事件直後に先生がA君に対して体罰をした事を聞き、少なからず納得をします。

体罰をしていなかった場合、B君は殴られっぱなしで、A君は野放し状態なら、転校とか不登校とか自殺もありえます。B君の両親は、学校やA君の両親に対して抗議し、学校は「責任問題」で悩み、A君とA君の両親は、「退学」や、「傷害事件の刑事罰」、「慰謝料の支払い」等の問題をかかえる事になったかもしれません。先生による軽い体罰で穏便に解決したケースは多いと思いますよ。

不動産取引においても、売主と買主の利害関係を調整する立場の仲介業者は、いろいろな役目をします。問題が発生すれば解決の糸口を探り、売主と買主のどちらに責任があるのか?どちらが妥協すべきか?どうしたら納得するか?いろいろ考えて動きます。

仲介というより仲裁する事も多く、その結果、裁判や損害賠償等の大きな問題にはならずに済むケースは多いです。体罰とは違いますが、責任や義務が生じた顧客に対して、その責任や義務をなるべく小さく、なるべく穏便に解決できるよう、責任や義務が生じた顧客に、早い段階で軽い経済的な負担を助言する事もあります。

トラブルは初期動作が重要です。タバコの火は数滴の水で消せますが、タバコの火の消し忘れで火事になれば、消防車を呼ぶしかありません。トラブルは早い時期に負担の少ない方法で確実に処理する事です。それができないと、時間と労力と費用をかけて争う事になります。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.