ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談29
○不動産会社の社長でブログをやっている人も多いので、不動産屋の社長ブログについて1話書きます。社長ブログにメリットがあるとすれば、知名度の向上や宣伝効果です。小さくて名も無い不動産屋が存在をアピールする手段としては有効です。

ただ、メリットに連動してデメリットやリスクもあります。見栄やプライドがある社長さんは、言葉は丁寧でも上から目線の記事が多く、人の上に立つ経営者として、自分が正しいと信じる事を力説する傾向がありますが、嫌われる材料を増やす効果が期待できます。

世間話しか書いていないブログでも、個人の考え方や性格、知的レベル・知識量・能力などを推測されます。血液型でも星座でも判断材料にされます。出身地や家族構成・現在住んでいる町・・何気なく書いたことでも、その人物について知ろうとしている人にとっては重要な情報だったりします。

小さな不動産屋の社長のブログを、たまたま偶然に見た人ばかりではありません。「会社関係者」や「取引関係者」が、社名を検索したり、会社のウェブサイト経由でブログを知り、注視している事も意識して書くべきです。ま、社員が見るのは自然だし、それを前提に記事を書いているわけですから、社員対策は無用ですが・・

利害関係のある人が、なんらかの目的をもって見ているかもしれませんよ。たとえば、下記のようなケースです。

○契約になった話や儲かった話⇒取引関係者・税務署
○喧嘩した話・トラブルの話⇒紛争の当事者・警察・弁護士
○物件の宣伝⇒顧客・宅建の免許権者(都道府県)・公取協
○社員に対する話⇒社員・就職希望者・労働基準監督署
○差別や人権に関わる話⇒人権団体・法務省・他
○顧客や取引の話⇒顧客本人・弁護士
○飲みにいった話⇒浮気を疑う奥様
○自宅の住所や個人の話⇒何らかの理由で個人情報を集める者
○アパート管理の話⇒アパートのオーナー・賃借人・空き巣

上記は極端な例ですが、誰が見てるかわからないので、ありえないと断言する事はできません。一つの情報は無力でも、複数の情報を繋ぎ合わせる事で判明する事もあります。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.