ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談31
○私は他の業界を詳しく知らないので比較はできないのですが、不動産業界には短気で喧嘩好きな者が多いような気がします。ま、それが同僚なら喧嘩になるし、それが上司なら最悪でしょう。人の多い職場では暴言やトラブルは絶えません。それが我慢できない、耐えられない・・という相談のメールも頻繁に着ます。

ま、いつも書いている事ですが、不動産業界は自分が正しいと思う者の集合体なんですよ。自分が正しくて相手が間違っている・・社長も管理職も営業マンもそんなかんじです。だから上からの指示も納得がいかないし、同僚と意見が衝突すれば大声になるわけです。そんなの1000回くらい見てきました。(笑)

ま、どちらが正しいか?はともかく、私は相談者の味方なので、職場でのトラブルには、「負けるが勝ち」と助言しています。「一見負けたように見せて、一時的に相手に勝ちを譲るほうが、最終的に勝てる」って意味です。基本的にバカはその場の勝ちに固執します。それで喜び、悦に入ります。

「自分が正しくて相手はバカだった!」という自分勝手な結論を出して、勝負は終わったと思い込むのです。もちろん何も終わっていません。勝負がその場で解決するのはスポーツや競技くらいです。しかし、相手は終わったと思っていますので、それ以降は自分側だけに無期限のチャンスが与えられます。

ま、見栄やプライドもあるし、周囲の目も気になるとは思いますが、おとなしく引き下がり職場での争いを避ける姿は、頭の良い人が見れば、「知的で戦略的で優秀」という評価になります。※元暴走族みたいなタイプの者は違う評価をすると思いますが、バカが下す評価を意識する必要は無いと思います。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.