ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談40
外国(東南アジア)へ遊びに行く人は多いですが、買春の目的で遊びに行く人や、行ってきた人に、私はいつも同じ質問をするんですよ。(性病とか、大丈夫なの?)ってね。・・で、不思議な事に、5人に聞いても10人に聞いても、みんな同じ返答なんですよ。

『たしかに危険な店は多いけど、俺は安全な店を知っているから大丈夫なんだよ。』・・ま、こんなかんじですよ。自分だけは安全だそうです。(笑) 私のような臆病者には死ぬまで理解できない思考です。私は国内の合法な風俗店でさえ行きません。

そもそも検査なんか過去のデータであり、今の状況を証明するものではありません。『1週間前は安全だった』という検査結果など何の意味もないし、何の価値もないと思っています。ま、100歩譲って、検査に意味があるとしても・・

【そもそも本当に検査したのか?】 【検査結果は正しいのか?】 【検査した人物は本当に本人か?】 【検査結果を証明する書類があるとして、その書類は本物か?】・・等と考えてしまう性格の私には、買春も風俗店通いも無理です。

不動産会社の女性でも、過去にご主人から性病をうつされた経験がある人って、けっこう多いですよ。私も複数の女性から、『あの屈辱は一生忘れないわ』と聞いています。 なぜ?そのような家族の秘密を、他人の私に言うのかって?・・フフフ。・・ま、ご用心(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.