ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
年度末
○3月31日・・年度末です。地場業者の営業マンにはその程度の認識と思います。しかし、大手系列の仲介会社では、一年間で一番の節目です。営業マンは3月末までの1年間の業績で、4月以降の運命が変わります。昇給・・減給・・賞与査定・・転勤・・昇格・・降格・・自主退職・・いろいろ影響します。

1年間の店の数字が確定するので店長も運命が変わるし、部門の数字が確定するので部長も同じです3月31日を余裕で過ごせるか?諦めて過ごすか?ギリギリ最後まで頑張るか?ま、いろんなドラマがある事でしょう。でも、1年間の数字は1年間の頑張った結果です。3月31日になってから焦ってもダメなんですよ。

仲介営業マンの年間のノルマは各社バラバラですが、仲介手数料収入で月200万円~300万円の間で調整されているケースが多いので、月200万円で考えてみると、年間2,400万円を上回るか?下回るか?の攻防戦です。ま、実際は細かく規定されていて、それを面白おかしく説明すると・・

数字はデタラメですが・・
年間3,000万円以上・・昇格+賞与大幅アップ
年間2,400万円以上・・現状維持
年間1,800万円超2,400万円以下・・降格+賞与ダウン
年間1,800万円以下・・降格+賞与ダウン+研修参加+反省文
年間(極秘)万円以下・・自主退職の勧め・拒否→遠くへ転勤

マンション分譲会社の子会社等で、自社物件への買い替え案件や下取り物件等を扱うケースでは、ラクラク営業なのでノルマはもっと高いと思います。(月400万円とか)・・ま、いずれにしても、数字が良ければ優遇され、数字が悪ければ冷遇されるのは共通していると思います。

大手系のノルマって、けっこう高いので驚かれる方(地場業者の営業マン)もいると思いますが、大手系はコストが高いので、営業マン1人当たり月100万円程度の手数料収入では赤字なんですよ。本社経費とか、非営業部門の人件費とか、部長の交際費とか、部長が愛人と過ごすホテル代とか(笑) 責任者が自宅で使う日用品を経費で落としていたケースもあるしね。(笑)

○さて・・年度末なので、年度末の物件引渡しで発生した所有権放棄の残置物を募集中!(関東限定)住宅・事務所・店舗・工場・ビル・解体予定建物の残置物も大歓迎!どうせ捨てるなら、私が欲しい物だけ無料でください。少しは量を減らせますよ。

ゴミ屋敷は小物が沢山あるので大歓迎!!賃貸物件・相続物件・競売落札物件・任意売却物件・事故物件・・等の残置物も・・住宅・事務所・店舗・ビル・解体予定建物の残置物も大歓迎!

『物件内に所有権放棄の残置物が大量にあるよ!不動歩さんの欲しい物があれば無料で持ち帰っていいよ!』とお考えでしたら、ご連絡ください。欲しい物だけで恐縮ですが無料で引き取ります。

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.