ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ダメだコリャ・・。
○私は現在、地場の小さな不動産屋でフルコミッション営業という立場です。お付き合いしている業者の大半は地場業者です。そんな状況の私は当然ながら地場業者の味方であり、常日頃から地場業者の生きる道を模索しているわけですが・・『地場業者はダメかも・・』と思う事が頻繁にあります。

知人の社長さんと物件の話をしていた時・・物件資料が何もないので、登記事項証明とか、公図とか、後日に拝見する流れになったのですが・・必要な公図も取れず、また後日に取り直し・・取ってきた登記事項証明も間違って近隣の土地のもの・・後日、取り直し・・何をやらせてもダメな気がしてきました。

この道20年とか30年とかのベテランが、そこらの新人でもできるレベルの調査もできない・・この現実を知った時、(ダメだコリャ・・。)と思ったし、そんな業者が地場にゴロゴロいるとしたら・・一般消費者が大手へ依頼するのは堅い選択と認めるしかありません。

消費者は、何処の不動産屋がプロで、何処の不動産屋がアホか?・・判別できないから、大手に依頼するのです。その流れを変えるには、地場業者でも信頼できる事を、広く周知させる必要があります。・・でもそれは難しそうです。地場業者全体の信頼回復を目指すと・・

レベルの低い業者の信頼まで回復する可能性があり、一般消費者が迷惑するリスクが高まります。やはり各業者が個別に自社の能力や安全性をアピールするしか方法はないですね。御社のレベルは大丈夫ですか?御社の営業マンは登記事項証明を見て、内容を理解できますか?

こんなテストを実施すると良いですよ。登記事項証明書で、抵当権や根抵当権が5つくらいあるものを用意して、『現在、有効な抵当権や根抵当権と債務者の詳細を書き出せ!』と指示してみたらどうでしょうか?『え~と、1番の根抵当が極度額変更で・・2番が抹消で・・あれ、1番も抹消で・・』なんてかんじでもいいから・・

最終的に合っているか否かで判断しましょう。・・でも、出題する社長さんが、登記事項を解読できないなら・・出題する事さえできません。そうであれば・・廃業したほうが良いですよ。(笑)ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.