ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談66
○会社のホームページを定期的に更新していますが、物件情報の【掲載・訂正・削除・再掲載】・・等の作業って、カッタルイですね。ま、会社の規模にもよりますが、2~3人の会社で少ない賃貸管理物件の空室情報だけなら・・掲載しても意味ないような気がしますよ。

不動産情報サイトに掲載すれば、ある程度の問い合わせは期待できますが、自社のホームページ経由で反響があるケースは少ないのが普通です。その少ない反響でさえ、現地の看板を見て物件情報を知っている人が社名を検索してたどり着くケース等です。

ようするに、他に何らかの情報を入手していて、それを補足する意味で会社のホームページをチェックして・・問い合わせをした・・ってケースです。物件情報が検索エンジンでヒットしたケースではないわけですよ。ま、それでも社員数が多ければ、各担当者が自分の担当物件を掲載処理すれば良いですが・・

1人2人の会社で少ない物件情報を出したり消したり繰り返してみても、成約には至りません。手間ばかりかけて定期的に更新して・・年間で、どれくらい成約したか?・・データはとるべきですよ。さほど効果のない状況なら・・物件情報など掲載せず、【物件情報】以外の内容にシフトするのも良いと思います。

たとえば、【売却物件募集中】【賃貸物件募集中】【賃貸管理お任せください。【不動産に関する相談無料】等の内容なら、ほとんど更新せず、掲載しっぱなしで良いわけです。ただ、何処の会社も同じようなページを公開しているので、検索エンジンで上位を目指すのは難しいとは思いますが・・

更新に手間がかからない内容なら、ページを増やしても、その後は手間はかからないので・・アレコレとアイデアを捻り出して、掲載内容の量を増やし、無料相談を突破口に反響を増やす戦略のほうが有効だと思います。ま、これは1人2人でやっている小さな不動産会社の場合ですよ。

それなりに人数がいる会社なら、手間を惜しまず、物件情報は掲載すべきです。貸主対策や売主対策としても必要だしね。ぜんぜん決まらないけど、『ホームページで広告宣伝してますよ!』て言い訳ができるしね。(笑)

さて、残置物でもあればご連絡ください。よろしくね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.