ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談72
○たいした話じゃ無いんですが、ま、いつもたいした話をしているわけでは無いので、気にせず書きます。たとえば年収が10,000円上がったとします。1年間、無職で無収入の人なら、たかが10,000円の収入なので税金もかからないと思いますが・・

年収500万円の人なら、501万円になるわけですから、当然、税金はかかります。・・で、その10,000円の中からも所得税や市県民税を払うわけですが、収入アップの影響で健康保険料や年金保険料の金額も影響がある場合もあります。わかりやすく書くと・・

○収入額に応じて所得税がかかる
○収入額に応じて市県民税がかかる
○収入額に応じて健康保険料が変わる
○収入額に応じて年金保険料が変わる
※他にもいろいろあると思います。

10,000円の収入増で手元に残るお金が仮に8,000円だとして・・それでタバコを買うのなら・・タバコ代の60%以上が税金です。稼いでも使っても、お金を動かせば税金がかかるわけです。不動産も同じです。買えば税金・・貸せば税金・・売れば税金・・もらっても税金(贈与税・相続税)・・所有しているだけでも税金(固定資産税)・・です。

『人の2倍働いて、人の2倍稼ぐ』・・なんてよく聞くセリフですが、人の2倍も働けば上記で説明した税率や保険料率が大幅に上がり・・『人の2倍働いても、人の1.5倍稼げるかどうか・・無理して働けば、体を壊すリスクや事故のリスクは増えます。ま、無理せずチンタラ仕事してたらクビなので、どちらにしても営業社員はイバラの道です。(笑)

いつだったか書いた事がありますが・・昔、小遣い稼ぎで忙しい営業マンがいました。『そんなに稼いで何に使う?』と聞くと・・『すべて税金の支払いだよ。市県民税と車の税金と固定資産税だよ。余ったら酒税とタバコ税を払うつもりだけどね。(笑)』と言ってました。

本来は課税対象の給料で支払うべきなんですけどね。だって、小遣い稼ぎをしたら、その収入に対して、また別に税金がかかるわけです。エンドレスですよ。稼ぐのも苦労しますが、稼げば稼いだで苦労があるのです。見えない鎖でつながれている・・って事かな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.