ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談87
○長続きするか否かは別として、景気回復の雰囲気は不動産屋も感じています。人気エリアでは契約ラッシュで物件不足と思います。人気エリアの周辺もそれなりに満足のいく状況でしょうね。これが全国的に広まれば不動産業界も安泰です。広まればね。ま、少子高齢化に関しては何も解決していないので・・

借金で贅沢しているみたいなもんです。いずれ、今の贅沢のツケを払う事になります。今すぐに出生率が高くなっても、生まれた子供が納税者になるまで20年かかります。今、解決できていないという事は・・今後20年は人口が増える事による税収は期待できないって事です。移民でも受け入れすれば別ですけどね。

○今後は空室・空家が増えると言われていますが、人口が現象すれば既存の物件は空家になりますよ。でも・・誰も住まない空家・・というか・・老朽化したボロ家・・解体して更地にすれば、空家の数が減り、空室が増えないと思うんですよ。でも、ボロ家を相続した相続人(子供達)は建物を壊しません。

べつに『思い出』を大切にしているわけではありません。建物を解体すると・・固定資産税の減免がなくなり、土地の固定資産税が数倍になるからですよ。このシステムをどうにかしない限り、誰もボロ家を解体しません。廃墟やゴーストタウンは増え続けるでしょう。・・でも、もしも、更地でも税金を安くしたら・・

ボロ家を相続した相続人達は、ボロ家を解体するかもしれませんが、税金が安いので未利用地として、ほったらかしにするでしょう。・・そうすると、更地ばかりが増えて、地域が活性化しません。使いもしない土地を、手放さず、持ち続けるのも、ある意味で迷惑行為なんですよね。

解決方法としては・・『未利用建物に関する課税』ですね。カンタンに言えば『空家課税』です。親からもらった家で、利用はしないけど、とりあえず放置・・という人に対して課税すれば・・使うか、貸すか、解体するか・・するはずです。使いもしない不動産を、個人が所有しつづける・・て人は減りますよ。

○家を買い、35年の住宅ローンを払うために働き続ける生き方が一般的ですが・・それって負担が大きすぎますよ。不動産を財産や資産として扱う時代が終わるといいな・・と思います。利用価値だけで流通して、低額で気軽に買って、気軽に売れるようにすれば、もっと豊かな生活ができると思います。

さて・・空家の物件に、残置物があれば、よろしくね。欲しい物だけ無料で引き取ります。

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.