ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談97
○不動産営業マンで、同業他社を渡り歩く者は珍しくないですが、そんな不動産営業マンも、いつかは中高年になり、あるいは高齢者になり、同業他社を渡り歩く事はできなくなります。ま、年齢的に無理があっても、限界ギリギリまで渡り歩く者もいるとは思いますが、そのギリギリを超えた後・・どうするつもりなのか?が問題ですね。

営業マンの中には、そのまま同業で独立開業する者もいます。寿司屋の職人が寿司屋を開業するように・・仕事を覚えて一人前になったら独立開業・・ってのが、まぁ、一般的なコースですよ。それで死ぬまで食えるなら・・それが幸せかもしれません。

ただ・・不動産仲介業は、情報とか手続きとか調査が仕事なので、【店】が必要なのか?否か?は自分が目指す商売のスタイルによります。町の不動産屋になりたいなら、商店街で開業して不動産屋のオヤジになれば良いし、物件の買取・再販や、業者に物件を突っ込むブローカーみたいなスタイルなら、事務所の場所なんか、どうでもいいです。

年に数回の取引で、あとは自由に生きたい・・と思うなら、フルコミッションのほうが良いと思います。わざわざ事務所を借りて、月々の経費を払い続けるくらいなら、報酬の取り分を減らしても、継続的な経費の支払いが無いほうが、長い目で見て得です。

いずれにしても、50代~死ぬまでの間・・何をして稼ぎ、どのように過か・・を40代のうちに考えておいたほうがいいですよ。ま、独立/自営や、フルコミッションの営業は50代以降も可能ですが、固定給正社員の営業マンとして転々とするのは、40代前半が限界と思いますよ。

転職経験のない大手系列会社の営業マンも他人事ではありませんよ。定年まで在籍できる保証があれば安心ですが・・私の知る限り、40代のうちにいなくなる人が多いです。大手の系列会社なんて、そんなもんですよ。(笑)さて・・私はどうしようかな・・

ま、いくつかの小銭稼ぎは、安定化と増収を目指すとして、不動産仲介に関しては、いわゆる【問題アリ物件】に特化するか、コンサル系を目指すか・・ま、やりたい事をするのは自由でも、稼げるか?食えるか?は別ですが、50代になるまであと数年は時間がありますので、いろいろ考えつつ・・とりあえず、所有権放棄の残置物募集中です。(笑)

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.