ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談102
○媒介契約書を交わさずに売り出している物件・・てあるんですよね。たとえば古い付き合いの地主やアパートのオーナーに、『坪○○万円以上なら処分を任せる。』とか、『そろそろ売ろうかな。いい客いたら紹介して。』等の軽い会話がきっかけでスタートして、話を受けた業者が、広告活動等はせず、知り合いの同業者だけに内々で物件情報を流すケースが多いです。

『ウチで管理している古いアパートを、所有者が○○○万円位なら売っても良い・・って言っているんだけど。買いそうなお客いる?』・・なんてかんじですよ。・・で、話がまとまる事もあるし、話が具体的になると、所有者が、『えっ!ちょっと待って・・すぐ決まるとは思っていなかったんで、少し時間をください。』・・となり、数日後には『すみませんが、家族で協議した結果、今回の話は断ってください。』・・てなる事もあります。

最初の売り出し時が、世間話のレベルで、『もしも、買いたい人がいるのなら、売ってもいいよ。』みたいな軽いノリだと、購入希望者が現れても比較的高確率でアウトです。だから、情報を紹介した客付業者には予め、『売主の売却意思は微妙で、客が付いた時点で気が変わるかもしれない。】・・という話をしておく必要があります。『やっぱり売るのヤメタってさ。ごめんね。』で済むようにしておく事です。

それが許されない相手には紹介すべきでは無いのです。ま、そんな物件情報には、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.