ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
夫婦
○そこそこ金を持った高齢の男性が、(妻名義でアパートを買いたい)と物件探しをするケースがあります。自分が先に他界しても、残された妻が安心して生活できるようにしようと考えているわけです。・・愛・・ですね。妻の名義で買う理由は・・自分名義で購入しても、妻より早く逝く予定なので、相続税を払うだけ無駄なわけです。

最初から妻の名義で買えば・・妻が亡くなるまで無駄な相続税は回避できます。ま、このような話は、資金が妻の名義で確保されている事が前提です。名義だけ妻で資金は夫が出す・・なんて甘いし、そんな状況なら、そんな話にはなりません。ずっと前から準備しているって事です。

私はそんな話を聞くと・・つい想像してしまうのです。たとえばこんなかんじ・・(妻には若い頃から苦労ばかりかけた・・金銭面でも苦労をかけたが、浮気をして泣かれた事もあった・・ささいな事で口論となり、激高して叩いた事もあった・・離婚の危機は1回や2回ではなかったと思う・・それでも妻はついてきてくれた・・

もうすぐ結婚して40年になる・・今まで苦労の日々だった妻に、せめて私が死んだ後は、心穏やかに安心して暮らせるようにしてあげたい・・お金は使ってしまえば無くなるので、いつか底を尽きる・・アパートの家賃収入なら、残りの人生くらいは暮らせると思い、前々から準備してきた・・)なんてね。

賃貸管理の実務で独居老人を数多く見てきました。大半が死別ではなく離婚です。ま、それぞれ事情があるとは思います。夫婦が生涯を共にするのは昔ほどカンタンでは無い世の中です。離婚率が高くなったという現実を逆に考えると、昔は離婚率が低かったわけです。

何故?昔は離婚率が低かったか?・・というと、女性の社会進出は今ほどではなく、専業主婦の比率が高く、女性の経済的な自立が困難で夫に依存する他なかった・・という背景もあります。世間的にも離婚は、【みっともない】 【恥ずかしい】という感覚で、女性側が非難されるケースが多かったと思います。

べつに、『昔の女性は死ぬまで夫を愛し続けた』ってわけじゃないんですよ。一度結婚したら、その婚姻関係を継続するしか無かったわけです。今後、日本は米国並みに離婚率が上昇すると思います。それと、将来の遺族年金や相続、その他の問題で、離婚せず別居・・って人も増えると思いますよ。

そんな世の中だから・・高齢者になっても夫婦2人で生活している人を見ると・・尊敬もするし、素晴らしいとも思うし・・どちらかが我慢しているのかな?・・とも思います。

不動産営業マンなんて、いくら稼いでも贅沢しても、たとえ大手計子会社の社員でも・・日雇い労働者ですよ。明日は無職かもしれないリスクを常に背負っています。高額歩合で一時的な贅沢はできるし、それで女性にモテる場合もありますが・・それは稼げる時期だけですよ。

メール相談は通算5,000件を超えていますが、その中で、何故か?不動産営業マンの離婚相談も多いです。そのような件で助言できる立場ではありませんが、しいて言えば・・セクシーだったから・・美人だったから・・そんな理由で結婚して、長続きするほうが不思議では?

見合い結婚の離婚率が低いのは、結婚前に冷静に熟慮したからだと思います。恋愛結婚って・・好きになったから勢いで結婚・・好きじゃなくなったから離婚・・て流れですが、その延長線上に孤独死があります。自業自得ですが、辛すぎる最後ですよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.