ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産調査
○不動産の調査で重要なのは・・知識ではなく、【真面目さや責任感】 【わからない事がわかること】 【わからない事を調べる知恵】 【古い経験や知識を疑うこと】・・かな。

まず、真面目で真剣に取り組む事が大前提で・・真面目でも、何を調べるべきか?何か調べ忘れはないか?・・調べなければならない項目を知らないと調査不足で説明不足となります。調べる知恵は・・調べる方法を知らなくても、知る努力をして、知る方法を知ることです。

物件はそれぞれ個性があり、問題点も違いがあるし、経験が無いと見逃してしまう項目もあります。しかし、真面目であれば・・自分の判断では見逃しがありそうなら、先輩や上司にも現地を見てもらう事でしょう。その行動が自分自身の経験不足を補うわけです。

たとえば・・物件の前面道路が都道府県が有する公道で・・その向かい側が川なら・・公道でも、河川道路(公有道)で、建築許可は通常より時間(手続き)がかかる・・てのは経験でわかる事で、経験が無いと、【公道】で安心してしまいます。自分だけで判断せず、上司に相談すれば、指摘してもらえたかもしれません。

わかった気になっていた事が違ってたりするんですよ。法律や条令だって変わる事もあるので、過去の経験より最新の情報が重要だったりします。だから、『何か見落としはないか?気がついていない事はないか?自分の経験や知識で判断した内容に間違いはないか?』・・と、細心の注意をはらう癖をつける事です。

新人に調査の項目や調査方法を教えても・・調査項目は増え続けるし、調査方法も変わります。その度に最新の調査項目や調査方法を教えるのではなく・・そのような変化に対応できる心構えを教えれば・・その先の指導は不要です。

仲介営業マンによる調査結果の信用度について・・別の角度で適性判断が可能です。これは・・当事者しか知らない事ですが、世間話で聞き出す事は可能です。配偶者以外とのアレで、常にコンドームを使用しているか?です。(笑)独身なら交際相手と・・妻帯者なら愛人と・・完璧な避妊をしているか?妊娠や万が一の性病感染を防いでいるか?・・

その時の勢いや甘えで・・(まぁ、いいや・・大丈夫だと思うし・・)と判断をする者は、完璧主義者では無いし、相手に対しても無責任だし、その無責任さが、仕事と無関係とは言えません。(失敗しても、どうにかなるさ・・)と思う者は売りっ放しのトップセールスにはなれますが・・不動産調査員としては不適格者です。ご用心。

○8月10日までにいただいたメールは全て返信しました。届いていなければ、迷惑フォルダ等をチェックしてみてください。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.