ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談106
○『独立開業してはみたけど・・なかなか上手くいかず、ジリ貧の状態です。』・・というご相談は数えきれないほどありました。しかし、似たような相談でも、それぞれ状況が違うんですよ。まだ時間と金に余裕があるケースと無いケース・・遊び半分のケースと真剣なケース・・1階に店舗があるケースと、雑居ビルの2階以上に事務所があるケース・・それぞれが、何もかも違います。

その状況を把握したうえで、代表者の経歴や得意分野などを考慮したうえで、無理のない提案するのが理想的ですよ。ま、理想はいくらでも語れますが、エリア内に不動産業者の需要があり、自社がくい込めるか?・・が問題です。お客の要望に対応できる能力があっても・・他社も対応できるので、大きい会社には敵わないです。

エリア内にある不動産屋の数が、必要量を超えていれば、競争率は激しく、大半の仕事が、大手やフランチャイズ加盟店へ流れます。その残りを、地場業者で奪い合っているのが現状です。

喫茶店の経営について、『経営者が自分の好みの店を造ると、失敗する』・・と聞いた事があります。お客は自分の好きな店へ行くわけですから、お客の好みが重要であり、経営者が自分の好みで店造りをすると失敗する・・って意味です。どの業界でも金を払いのはお客です。

不動産屋の場合・・お客の好みとは、お客にとって利益のある話・・手数料値引き・・豊富な情報量・・保証人なしとか、敷金礼金なしとか・・任意売却とか・・買取りとか・・そんな要望に自分が対応できる事が最低条件で、【お客と出会う】努力をして・・出会えたら、【自社が選ばれる】努力をする・・

選ばれても、そこからが仕事のスタートで、依頼された仕事を成功して、全てやり遂げて・・やっと金になる・・成功報酬ですから。ま、正直な話、カッタルイ仕事ですよ。(笑)さんざん苦労して努力して・・時間をかけて、経費をかけて・・成功しなければ無収入で、経費を使った分はマイナスです。サラリーマンのほうが楽ですよね。

雑居ビルの3階とか5階とかの一室を借りて事務所にしている場合・・軽い気持ちで訪ねてくるお客はいません。なんか怖い感じもするしね。そのような個人事務所タイプの業者が生き残る方法は・・自分が動きまわって仕事を拾ってくるか・・人を雇い動かすか・・広告宣伝等でお客を呼び寄せるか・・の3つです。その3つのそれぞれ具体的に考えて・・

いい案を思いついたら、ブログに書きますよ。それまで倒産しないでお待ちください。(笑)さて、所有権放棄の残置物は継続して募集中です。よろしくお願いいたします。応援や激励のメールもお待ちしています。それと・・盆と正月くらいはブログランキングの投票もお願いしますよ。

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.