ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
連休のシワ寄せ
○盆休みや年末年始などの長期休暇は、会社員にとっては最高に嬉しい事ですが、自分で商売をしている人にとっては、そうでもないんですよね。逆に、困った時期と思う人も多いと思いますよ。私も長期休暇の時期は、早く過ぎ去って欲しいと思っています。

不動産業者も休み、古物商関係の仕入れ先も休み・・となると、どちらのビジネスにも悪影響があるわけです。ま、そんなわけで、【仕事と休日】の話でも書きますよ。不動産屋(不動産仲介業)の場合、水曜定休で月2回程度は火曜と水曜の連休・・て会社が多いですが・・連休をすると、かなり仕事に影響があるんですよ。

たとえば、水曜定休の場合・・
(月)・・チラシ掲載物件の選定・物件確認・下見
(火)・・チラシ原稿作成・校正
(水) 【定休日】
(木)・・チラシ印刷
(金)・・チラシ納品・売反響・売り出し準備
(土)・・(チラシ配布日)反響対応・案内・交渉
(日)・・反響対応・案内・交渉

たとえば、火曜と水曜連休の場合・・
(月)・・チラシ掲載物件の選定・物件確認・下見・原稿作成・校正
(火) 【定休日】
(水) 【定休日】
(木)・・チラシ印刷
(金)・・チラシ納品・売り出し準備
(土)・・(チラシ配布日)反響対応・案内・交渉
(日)・・反響対応・案内・交渉

上記はチラシ広告だけに重点をおいて書きましたが、営業マンにはそれ以外の仕事(契約や契約準備・・銀行と連絡や打ち合わせ・引渡し決済や、それらの準備・・物件調査・媒介活動・セールス活動・他)があり、連休をすると、シワ寄せで業務に支障をきたします。

月曜がチラシ関係の仕事に追われ、営業活動ができなくなり、火・水・連休・・となれば、結果的に【月・火・水】の3日間は営業活動をしない・・って事になります。残りの【木・金・土・日】も、【木】がチラシ印刷なら・・営業活動できるのは、【金・土・日】だけとなります。

完全週休2日の会社で仕事をした事がありますが・・週休1日でも週休2日でも、やるべき仕事量は同じなので、休めば休むほど、勤務日の仕事量が増えて、キツクなるんですよ。とくに月曜日がキツイです。火曜にやるべき事を月曜に終わらせるため、深夜まで働いたケースは数え切れません。

ま、チラシの印刷なんか、広告屋に委託すればラクなんですが、印刷を委託しただけでは、月曜の仕事は減りません。チラシの原稿作成を委託すれば、校正だけなので、仕事量はかなり軽減されます。その代わり、経費は増えます。

ただ・・チラシ配布のアルバイト料をケチって、営業マンにチラシ投函をやらせている会社が、チラシの原稿作成まで広告屋に発注するか?・・難しいとは思いますよ。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.