ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談129
○不動産の売却依頼を受ける際に、依頼人から購入時の資料見せてもらいます。チラシとか、重説とか契約書とか、当時の登記簿等、持っているもの全てです。昭和の頃の資料を見て、懐かしいと思いつつ、(それにしても、いいかげんな資料だな・・)と思った事もあります。

でも、実際は、【いいかげん】でも【手抜き】でも無いんですよ。当時はそれで良かったのです。時代の変化というか、法律もどんどん細かくなり、説明する項目も、書類の内容も、種類も、枚数も増え続けて現在に至ります。昔のカンタンな不動産契約書類も、今なら【業法違反】ですが、昔は適法・合法だったわけですから、昔の不動産屋がテキトウでいいかげんだったわけでは無いのです。

○職場環境とか労働環境もずいぶん変わりましたよ。常識も変わりました。昔は、営業会社で上司が怒鳴り散らすなんて当たり前で、灰皿を投げたり、撲ったり、ビンタしたり・・そんな話もよく聞きました。営業社員も悪い奴が多く、地場の不動産会社では、指の欠損や、刺青、前科者、シャブ中・・書けばきりが無いですが、そんなのもいました。

セクハラなんて言葉は今ほど使われてはいなかった時代・・すれ違った時に、女性社員のオシリを触る上司・・普通にいましたよ。そんな程度で問題になるとは誰も思わなかった時代です。そういえば1度書きましたが・・契約のために来店した夫婦の奥様に、契約ができる嬉しさから、『奥さん、ありがとう!』とキスしたバカ営業がいました。

それを見ていたご主人が激高して、契約は中止となり、営業マンはクビになった・・と聞きました。面白すぎて伝説となった実話です。今だったら高確率で訴えられますね。(笑)

○労働環境や労働条件も今と昔では違うわけで、昔は営業会社の大半が、今でいう【ブラック企業】ですよ。ただ、それが普通だったから、問題にならなかっただけです。現在は労働環境がどんどん甘くなり、昔の【普通】が現在の【ブラック】となったわけです。ブラック企業が増えたわけではなく、ブラック企業に該当する基準が引き下げられて、普通の営業会社も抵触するようになった・・と言えばわかりやすいかな。

○昔のテレビドラマや映画を見ていると・・主役がタバコのポイ捨てをごく自然にやってます。刑事が張り込み中にタバコを捨てて、足(靴)で踏んで火を消す・・なんてシーン、多いです。それが普通だったのに、今ではアウトです。ま、世の中は良くなったと言えますが、些細な事に敏感な反応をする神経質な世の中になった気もします。

この流れだと・・そのうち、集合ポストへのチラシ投函とか・・アポ無しの訪問とか・・テレアポとか・・逮捕される時代がきますよ。(笑)まlご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.