ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
最近思うこと
○ブログを更新しない空白の日をつくり、後からその空白を埋めるために過去の日付で記事を書くのが好きです。理由は・・最新の3話はブログのトップページに掲載されるため、通りすがりの人でも読みますが、それ以外の記事は常連の人しか読みません。ま、気心の知れた読者向けのほうが、本音が書きやすいわけです。

○ブログを長く続けている事で、気がつく事があります。ブログを読む人の心理を推測すると、私がブログで一般的に正しい事を書いても、あまり意味ないんですよね。道徳的に正しい話が読みたいなら、牧師とか神父とか坊さんのブログでも読めば良いわけだし、法的に正しい話が読みたいなら、弁護士のブログでも読めば良いのです。

不動産営業マンとして数字を上げたいなら、自称トップセールスが書いているブログが沢山あるので、そんなのを探して読めば良いです。仕事を教わりたいなら、訳知り顔の社長ブログが星の数ほどあるので、そこで遠まわしな自慢話を読まされる代わりに知識を得る・・ってのもお勧めです。

正しい事を語るのは簡単で、書く側も自己満足して悦に入り陶酔できますが・・そんなの読みたい人がいるとも思えないんですよ。しかし、逆に業界の悪口とか、悪の手口みたいなのを公開するブログも問題があるし、業界人が読めば不愉快に感じます。結果的に嫌われるだけです。

私のスタンスは、正義や悪を意識せず個人的な主観による独自の価値観で書いていますので、私と感性が近い人は、長く読んでいただいているみたいですが、そうで無い人は1話読んだら2度と読まないはずです。金儲けが目的のブログは読者を増やす必要がありますが・・

私の場合、せいぜい【残置物募集】程度なので、無理して読者を増やす必要がありません。いや、逆に、増やそうと思うと減りますよ。好かれようと媚びた話ばかり書けば定連の読者が減ります。通りすがりの1,000人を得る代わりに、友人10人を失うのは避けたいです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.