ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ガラクタ
○自分が相手に伝えたい事を文章にするって、けっこう苦労しますよ。まず、伝えたい内容100%のうち、文章にした段階で・・言葉足らず(文字足らず?)で何%か減ってしまったり、解釈の違いや誤解で間違った内容に理解される事もあります。だからと言って、伝えたい内容100%をそのまま丁寧に文章にすると、ものすごく長い文章になります。

ある程度、略語や専門用語を使う事で文章は短くできますが、読む側の基本的な知識に依存するため、素人が読むと意味不明になってしまいます。しかし、専門用語等の解説まですると、長文になるし、説明不要の業界人にとっては、カッタルイ文章になります。考慮すべき事は、プロ向けに書くか?素人向けに書くか?ですね。

○話は変わりますが、残置物募集・・等の話で、少なからず誤解があるようなので、暇つぶしに解説しますが、私は、絵画とか壺とか、掛け軸とか、そのような骨董品に興味はありません。骨董品で興味があるものは少ないです。あえて書くと・・飾りもの(人形・仏像)・道具・陶磁器・楽器・酒器・銀工芸品・木工品・民芸品・・等です。

骨董品なんかより、古いオモチャ・古い飾り物・古い道具・古い時計・古い文房具・古い食器・・等の品に興味があります。【お宝】に見える物より、【ガラクタ・ゴミ】に見える物に興味があるわけですから・・高級住宅にある【高そうに見える少ない残置物】より・・一般的な家やボロ家にある【大量の残置物】のほうが魅力的です。

そもそも、普通の人が【高級】に見える物を捨てるわけがありません。興味があったとしても、残ってはいませんよ。(笑)それに、絵画や掛け軸等の大半は贋作(偽物)です。本物と偽り、あるいは誤解して転売すればトラブルになります。そのようなリスクを回避するため、絵や掛け軸等の骨董品を避けているわけです。ま、何にでも理由があるんですよ。

そんなわけで・・所有権放棄の残置物(ガラクタ)募集中!!『解体予定の建物内に所有権放棄の残置物があるので、『不動歩さんの欲しい物があれば無料で持って帰っていいよ!』とお考えの方がいましたら、ご連絡ください。欲しい物だけで恐縮ですが、無料で引き取ります。

残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.