ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談165
○他社と共同仲介をする際、注意すべきは相手(担当営業マン)の力量です。営業力・交渉力・危険回避能力・法令順守の適性・その他いろいろの力量です。自分に相手を分析する能力があれば、出会ったその日に結論に至ります。

いきなり契約するケースはないわけで、共同仲介の場合は、物件確認とか、案内立会いとか、電話や面談での交渉など、いろいろなやりとりがあります。その一連の流れの中で、最も早い時期に相手を判断して、不安要素があれば、その業者との共同仲介は回避すべきです。

先日、他社の仲介営業マンと会い、顧客を交えて話をする機会があったのですが・・その営業マンは自分の意見に迷いがあり、自分が出した結論がコロコロ変わりました。(コイツ・・ヤバイな・・)と思いましたよ。(笑)私は即、話を中断して退散しました。

あらゆる方向から検証しても相手の担当者に対して【バカ営業】という結論しかでないため、永久にオサラバです。(笑)取引の安全対策は、交通事故の安全対策と似ています。本人が交通ルールを守っていても、交通ルールを無視して突っ込んでくる相手とめぐり合ってしまうと・・アウトです。

安全な不動産取引も、安全運転も・・いかに【バカ】と関わらないようにするか?・・が、リスク回避の重要なポイントです。取り返しのつかない悲劇が起きた後に・・【自分は悪くない】とか、【相手が悪い】とか・・そんな事を議論しても無意味です。ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.