ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
しらないほうがよいこと
○年末年始に自殺した業界仲間が何人かいます。ま、時期はともかくとして、何故、自殺したのか?・・周囲の者は首を傾げました。『まだ子供が小さいのに・・』 『不思議だよね~』 『仕事で悩んでいたのかな?』 『借金でもあったのかな・・』なんて会話を耳にした記憶があります。

おそらくは経済的な理由ですよ。最悪の状況を回避できないと判断したのだと推測をします。年収ダウンで、生活費と収入のバランスが崩れた時、生活レベルを下げる事ができず、預貯金を切り崩してマイナス分に充当する・・預貯金が見る見るうちに減り、やがて底を尽きる・・

そこからはカードローンやキャッシング等を利用して、生活費のマイナス分に充当する・・返済が滞り、どうにもならなくなる。しかし、この時点でも勤務先の仲間は気がつかないし、そんな個人的な事情には興味すらないので、本人がそこまで困っている事を知るものはいません。・・で、自殺した事を知り、『えっ!なんで?』となるわけです。

一つ確実な事は、『えっ!なんで?』と思える人は幸せって事です。金に困り、どん底を味わった経験がある者ならすぐにピンときます。地獄のような生活を経験した者は自殺を考えた事があるからです。自殺はどん底から抜け出す解決方法の一つであり、最終手段です。たとえ実行しなくても脳裏を過ぎります。

想像すらできないって事は、どん底を知らない事の証明です。知らないって事は幸せなんですよ。経験しなくて済むなら、経験しないほうがいい苦労もあるって事です。「人の心の痛みが分かる人間になりましょう」・・みたいな事を昔、習った記憶もありますが、人の心の痛みがわかるには、自らが同じ経験をする必要があります。

しかし、それじゃ自分の人生が辛すぎますよ。やはり、人の痛みはわからないほうが幸せです。そんな意味で、不動産営業マンには、人の心の痛みがわかる不幸な者が多いです。不動産営業になりたい人も当ブログを見ているようですが・・稼ぐ事を想像するのも大事ですけど・・

稼げなかった時に自分や家族がどうなるか?・・も想像できると、少し不幸から遠ざかりますよ。(笑)不動産営業は不幸な人との出会いも多いですが、自分自身が不幸になるケースも少なくありません。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.