ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談012
○素直で正直な人は好かれます。それは社内でも同じで、上司からも素直で正直な部下は好かれます。『営業マンは素直で正直なほうが売れる』と言う者もいます。素直で正直・・ま、誠実って事にもなるのかな。

○万能細胞STAPの関連ニュースで、『最初は・・愚弄されて掲載を拒否された』ってニュースありましたよね。あれを聞いて、『そうなんだ・・』と思うのが普通ですが、私は『そうか・・拒否して時間稼ぎして、水面下で、他の国や機関にその情報を流したんだろうな・・』と思いましたよ。

素直さの欠片も無い思考です。(笑)もう、脳が自動的に疑って思考するようになっているんですよ。自己分析ですが、大手で病的な細かいチェックを受けるようになってから、そんな思考になったのだと思っています。それ以降、大手を去り、現在に至っても、その癖は治りません。

○お客の家で、商談を始める前にテーブルにカセットテープレコーダーを置かれ、『後日の証拠のため録音させてもらいますね。』と言われた事ありますか?ま、それはまだマシなほうで、コチラの承諾なく、録音や録画されるケースだってあったと思います。

○誰もいないオフィスで、フと隣のデスクを見ると・・引き出しにマッチ棒が挟んであるのを発見した事があります。引き出しを開けるとマッチ棒が下へ落ちる仕掛けです。わざわざカギを開けたままにしてトラップを仕掛ける・・隣の席の営業マンは面白い奴だな・・と思いましたよ。

○媒介物件の売主から、『家族の事情で売却を中止したい』と申し出されるケースがあります。そんな事情なら媒介契約の解約に応じるのが普通です。・・で、しばらくして訪問してみると・・他社の看板が出ていたり、もう別の人が住んでいたりするんですよ。

ライバル業者が売主に近づき、売主は媒介契約を解除するよう誘引されたって事です。そんなのよくあるケースで、ベテランの仲介営業マンなら、やった事も、やられた事もあるはずです。そんな業界で騙し騙され30年近く生きていると・・素直さなんか欠片もなくなりますよ。(笑)

用心深くならないと・・自分も、会社も、顧客も・・守れないんですよ。油断した者から消えていく日々の中、素直に騙されて会社や顧客に迷惑をかけるより、疑り深くなる事で、自分や会社や顧客の利益を守るのは自然な流れです。・・生き残るために努力してきた結果です。

ただね・・そんな性格になると・・人からは好かれません。友人も増えません。減ります。(笑)家族からも見放されるケースさえあります。優秀な営業マンほど不幸になる傾向があります。職業病による不幸を受け入れてプロフェッショナルを目指すか?幸せを目指すか?

たとえば・・オシャレな下着を身に付けて・・『今日は・・少し遅くなるワ』と言い、外出する恋人や妻を・・素直に送り出せるなら幸せになれます。【不幸な現実が見えない事】は幸せです。ただ、現実が見えないのなら不動産仲介営業マンには不向きかもしれません。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.