ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ナメた人達
○低所得者や生活困窮者が住む老朽化したアパートでは、高齢者や病人、その他いろいろな事情がある人がいるわけで、家賃の滞納も珍しくはありません。管理費をケチって自分で家賃管理している貸主から、『半年も家賃を滞納している賃借人がいて困っている』などと不動産屋に泣きつくケースがあります。

不動産屋に家賃管理を任せると、管理料を払わなければならないから・・それを払いたくないから自分で管理しているのに・・家賃の入金チェックを怠り・・気がついた時には、半年も経過していた・・で、どうにもならなり、更新や入居者募集の時だけ依頼している不動産屋に泣きついてくる・・ま、そんな流れですよ。

このようなケースで、その不動産屋が滞納分を回収したとしたら、どうなるか?・・どうにもなりません。貸主を甘やかしただけで、(これからも自分で家賃管理して、困った時だけ不動産屋を利用しよう!そうすれば家賃管理の管理料を支払わなくて済む)・・となるだけです。

だからと言って、『当社は家賃管理までご依頼いただいてないので、貸主様ご自身で解決してください。』と突き放すのも逆恨みの原因となり、更新や入居者募集の依頼にまで悪影響を及ぼします。滞納している賃借人に電話の1本もして、賃借人と貸主が直接に話し合うよう仕向けるのがベストですね。

ちなみに、滞納の催促を怠った期間、ぜんぜん支払わなかった賃借人は・・半年分の滞納を回収するのに数年はかかりますよ。たとえば・・知人から無利息で借りた借金なら・・借金は1万円返したら1万円減ります。しかし、家賃となると・・家賃が5万円なら・・毎月5万円払っても滞納額は1円も減りません。6万円払った場合で1万円減る計算です。

しかも、催促されないと、ナメて・・催促されるまで1円も支払わないタイプです。5万円の家賃で滞納半年で30万円なら・・30回払いを認めるか?滞納分は諦めても、退去させたほうが良いと思います。どちらにしても損をするのは貸主ですが、貸主も不動産屋を安く利用しようと、ナメてます。・・ま、ナメた賃借人とナメた貸主に、ご用心。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.