ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談024
○未経験者が自分で料理屋をやりたいなら、方法は2つです。一つは、料理屋で見習いから始めて、長い年月を修業して過ごし、修行が終わったら店を開く・・もう一つは、料理学校に通い短期間で料理の技術を習得して、店を開く・・この2つですよ。

不動産屋も同じです。年齢が若いなら・・不動産会社の営業マンとして経験をつみ、一人前になって独立するのが一般的ですが、40代、50代から不動産屋を始めるなら・・見習いから始めるのは難しいです。本人にヤル気があっても、勤め先が無いからです。

それに、不動産仲介営業の新人は、チラシ印刷とチラシ配布が日課で、半年や1年は、そればっかりですよ。ま、若い人は時間が無限のようにあるから問題ありませんが、残りの人生が短い人は・・そんな無駄な時間の使い方はできないはずです。

実務的な内容にシフトした講習とか、探せばありますよ。まずは宅建を取り、その次には実務的な事を講習で学び、その学ぶ課程で、同じ立場の仲間を作り、同じ目標(独立開業)に向かって頑張る・・それも悪くはないと思います。

私は見習い社員からスタートして学んだので、できる事なら時間をかけて経験するほうが良いとは思いますが、人それぞれ残り時間の違いがあります。それに長い年月を修行に費やしても、経営者になる者ばかりではありません。

就職とか転職は、年齢を重ねるごとに難しくなります。就職・転職ができないなら自分で商売を始めるしかありません。それができないなら終わりです。今月に入ってから、中高年の人からの相談が増えました。やはり3月という事もあり、いろいろ事情があるのだと思います。

私は悩める中高年の味方ですよ。できる限り応援します。わかる事ならお答えするし、助言できる事は助言します。思いつめて不眠症になる前にご相談ください。ただし、私に相談しても助言程度ですよ。私も私なりに苦労している最中ですから。(笑)

さて・・3月も終わりです。引渡し決済が多い時期です。言いたい事はわかりますよね。・・待ってます。所有権放棄の・・残置物・・ボロ家の建物を解体する前に呼んでくださいね。

残置物はありませんか?

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.