ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談033
○ある大手系仲介会社に在籍していた時の記憶が、ほとんど無いんですよ。健忘症とかではなくて・・忙しすぎた事と仕事がつまらなかった事が原因だと思っています。とにかく何事も細かくて、日々が忙しくて、「あっ!」という間の数年でした。

で・・思ったんですよ。それが数年でなくて、20年とか30年だったら・・なんか嫌ですよね。あっ!という間に感じて、何も覚えてないなんてね。でも、それが無駄か?といえば、そうでもないんです。

経済的な利益を得ているから。その期間、給料を得て、生活ができるわけです。ま、最悪ではないけど・・ベストでもない・・その期間、生活はできたけど・・その期間、ただ無事に生きてただけ・・ってかんじかな。消化試合みたいな感じもしますね。

○たとえば一般的な「奥様」の立場では・・夫は・・朝おきて仕事へ行き、夜に帰宅して、給料日に給料が振り込まれたらOKです。職場でどのような仕事をしているか?充実しているか?辛いか?楽しいか?なんて・・ぜんぜん関係ないし、興味もないと思います。

給料だけ運んでくれたら良いのです。しかし、夫は・・無事に生きる事だけが目的で働いているわけはなく、理想もあるし、夢もある・・ただ、現実は厳しく、とりあえず生活のために日々の職務を淡々とこなす・・そんな人が大半では?

毎日同じような日々を繰り返しても、記憶には残らず、そんな人生を振り返って虚しさを感じた時は、すでに高齢者・・人生のやり直しとか無理・・もっと充実した、燃えるような気持ちで日々を過ごしたかった・・と後悔するのは避けたいですね。

○ずいぶん前の話ですが、世間話をする度に、「子供の野球に金がかかる・・」と愚痴る管理職がいました。給料は安く、歩合もない会社で・・子供の野球に金がかかるしわ寄せで・・いつも金に困っている印象でした。推測ですが、奥様も、子供の野球の遠征費とか、不足する分をパートで稼いでいたと思います。

何のために働くか?・・は人それぞれです。住宅ローン・・生活費・・養育費・・子供・・いろいろなものに縛られて、身動きがとれない状況で・・仕事を失えば、収入を失い・・全てを失う・・だから仕事を続けるしかなく・・他の選択肢は無い・・そんな状況に耐えられる人ばかりではありません。

不動産営業の仲間で、心の病になった者も・・失踪した者も・・自殺した者もいます。ま、それぞれが個別の問題をかかえていたとしても、「仕事・収入・生活」が無関係とは考えにくく、「収入と生活」は仕事次第で良くも悪くもなりますので、仕事次第で幸せになる事もあるし、不幸になる事もある・・って事かな。ま、ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.