ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談035
○過去最高の収益・・販売好調・・完売・・そんな景気の良いニュースを見る度に、ため息がでますよ。都心回帰で、都心に人が集まり、地方は過疎化の流れ・・完全なる二極化・・ま、そんな実感がします。この状況は続き、都心以外の地域ではシャッター通りとゴーストタウンが増えるでしょう。

インターネット契約が主流になれば、インターネット契約に特化して大幅な手数料値引きをする新しいタイプの不動産会社が増えます。・・各駅に支店をかまえ、折込広告とポスティング広告(チラシ投函)で、縄張りを守り続けてきた大手の地域密着には意味が無くなります。支店の数が50も100もあっても・・【無駄】です。

近い将来・・大手仲介会社は、本部のカスタマーセンター化により、各支店を統廃合・・業務は本部に集中、調査・契約も本社の専門部署の管轄・・物件案内のみ地域のアルバイトを雇用・・営業マンのリストラ・・インターネット営業に特化・・少数精鋭による体制強化・・そんな流れになりますよ。

格安の建売を狂ったように建て続けるパワービルダーも、都心以外の支店は統廃合することでしょう。空き家ばかりが目立つゴーストタウンの周囲で、建売を建て続けるなら・・支店の統廃合ではなく・・倒産ですよ。

地場業者は・・アパートの建て替え時に、アパート建築業者の関連会社に【アパート管理】を奪われます。建て替えの時期が来る前でも、オーナーが亡くなれば・・銀行系や信託銀行系の不動産仲介会社が物件の売却を任されます。賃貸のオーナーは・・大手への切り替えのチャンスを待っている状態なんですよ。

近い将来に、そんなかんじになるのに・・中高年のフルコミ営業マンが仲介にこだわり、他の道を探すことなく、日々を送るのは・・かなりマヌケです。厳しい状況下でも稼ぐノウハウを構築して、今後に備える必要がありますね。ま、ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.